CAFE+ZAKKA+LIBRARY ムーレック

  • ごあいさつ
  • お知らせ
  • イベント
  • カフェ メニュー
  • お買い物
  • 地図
  • リンク集
  • メール
  • ブログ
  • ムーレックお店改装ブログ 地下足袋をはいた猫

Events ( イベント )

11/23〜12/3 【EAT RED,THINK AIDS 2019】

12月1日は世界エイズデーです。ムーレックの風物詩!?「EAT RED, THINK AIDS」も、今年で10回目になりました。HIV/エイズへの理解と支援を示すレッドリボン。その『赤』からイメージを膨らませた、「赤色づくし」のカフェメニューで、ムーレックが秋の色に染まります。11月23日(土)〜12月3日(火)までの期間限定。新作(定番候補??)メニューもお楽しみに♪
※期間中の売上の一部は、『れっく・れっく・プロジェクト』の一環として寄付させていただきます。

■開催期間:11月23日(土)〜12月3日(火)■
※期間中の水・木曜日は定休日です。

【限定&新作メニュー】(※予定)
アップルジンジャー(温ドリンク)、紅茶ラッシー(冷ドリンク)、生チョコレート(赤ワインversion)、赤キャベツのポタージュと甘酒パン、赤レンズ豆とトマトのインドカレー、ドライトマトとパクチー&鶏ささみのケークサレ、タイレッドカレー(エイズデーversion)、ラズベリーソースのパンナコッタ、紅玉ジャムのロシアン紅茶、レッドフルーツのハーブティー、完熟豆のラパトオーガニックコーヒー

12/7(土)14:00〜 【ヴィンテージ茶会 with にほんちゃギャラリーおかむら】

年月を「重ねる」って良い言葉だな、と最近になって思います。ただ過ぎ去るのではなく、その存在をゆっくり静かに深めていく…。リセットもいいけど、変わらないのもいいけど。これは私たち「ひと」の話?それとも「お茶」の話?
にほんちゃギャラリーおかむら店主・岡村友章さんによる「ヴィンテージ茶会」で、お茶と人とが「重ねて」きた物語をたどるひとときを是非ご一緒に。ゆっくり寝かせてのんびり生まれてくるお茶、世代を超え受け継がれてきた茶の古木。日本・台湾・中国を巡って辿り着いた、のどに、心にしみるお茶。そこにしかない「時間」の中で、大切に紡がれてきたお茶たちに出会う特別な一日を…。試飲販売もあります(※一部除外)

■日時:12/7(土)14:00〜16:00■

■参加費:2500円■(お茶・お菓子付)
※にほんちゃギャラリーおかむら店主・岡村友章さんが淹れてくださる極上のお茶♪そして、おかむら印のほうじ茶を使った「ほうじ茶のパンナコッタ」を楽しんでいただけます♪

■定員:10人■(ご予約優先)


ご予約のお申込み・お問合せは…
075-462-3311(11:00-18:00、水・木は定休)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)

10/19〜12/24 【鳥と旅する世界展〜鳥っぷ・ざ・わーるど】

鳥はお好きでしょうか。【Birds】のほうです。
大好き〜な方も、そこそこ〜な方も、何だったら嫌いかも…な方にも楽しんでいただきたい、「鳥・トリ・とり」だらけの展示イベント「鳥っぷ・ざ・わーるど」。キジも鳴かずば…の精神で後ろ向きにやって…いないムーレックを久々お目にかけたいと思います♪
身近で暮らす小さな鳥たちの写真。ビルマ時代(たぶん)に作られた鳥型の漆箱。人と鳥の関係を綴ったバングラデシュの手刺繍…などなど。世界を「鳥」の目で見渡せば、ちょっと違った景色が開けてくるかもしれません。10月19日(金)〜12月24日(火)までの開催、入場は無料です。

※出展者・Himajin工房さんによる、全額チャリティーの「野鳥カレンダー」を予約販売させていただきます。詳細は⇒こちら

【展示作品(予定)】
野鳥写真(日本・フランス・タイ等)、漆器(ビルマ)、版画(タイ)、絵画・イラスト(日本、タンザニア、タイ)、刺繍(バングラデシュ)、木彫り(チリ)、キッチン雑貨(イギリス)、紙工芸(インド)、CG動画(韓国)、羊毛フェルト(日本)、その他(台湾、フランス、ブラジル、ポルトガル等)

■開催期間:10月19日(金)〜12月24日(火)■
※期間中の水・木曜日は定休日。その他不定休あり。
※入場は11:00〜18:00まで。無料です。

※次回12/14♪ 【毎月第2土曜はムーレック図書室読み聞かせの日♪】

※午前と午後の2部制になりました♪

ブックカフェ…とはひと味違う、ムーレックの図書室。店主たちがず〜っと昔から好きだった本や、新たに一目ぼれした本、外国からのお土産絵本などなど、その数は800冊以上。その全部をご紹介…とはなりませんが、毎月第2土曜の午前11時15分〜と午後1時30分〜、図書室にて絵本の読み聞かせをしています。子ども向けではありますが、大人ももちろん大歓迎♪何度も来て頂いた方も、気になるけれど入ったことはないという方もぜひいらして下さい。

詳しくはブログでも⇒「図書室へようこそ。」

【次の読み聞かせは⇒12月14日(土)】

【参加無料】 ★毎月第2土曜 11:15〜11:45/13:30〜14:00 (出入り自由)
※大型絵本や紙芝居もあります♪
お気に入りの本を持ってきていただくのもOK。
参加はどなたでもご自由に。無料です。

終了しました 【第5期スタート♪ 連続講座・哲学カフェ 『問答連』】

「哲学カフェ」の(なんと〜!!)第5期が、5月25日〜9月28日までの全5回、月イチ開催で始まります♪これまで同様、多才&多彩なゲスト・スピーカーをお招きしております。前回ご参加いただいた方も、そうでない方も、ぜひお立ち寄りください♪
※参加費として1ドリンクオーダーをお願いしています。

※今後の日程や詳しい内容はこちら→>哲学カフェ・問答連

≪【第五回】9月28日(土)14時〜16時≫
【<差別ごころ>からの<自由>を】
発題者:中島勝住さん(ゲスト)


◎差別に関して明らかなことは、差別される側が初めから存在することはないということです。差別される側は、差別する側が差別する対象を極めて恣意的に創り出すことによって初めて顕現します。つまり、差別という問題は、差別する側次第なのです。私たちにとって居心地の悪い自己認識、つまり、差別は私たちが起こしているのであって、その可能性は誰もが持っているのだという地点に立つ必要があると思います。ありきたりですが、差別問題は「ジブンゴト」なのです。逆に言えば、だからこそ、解決の可能性も大きいとも言えるでしょう。これがタイトルの意味するところです。


【第5期の開催予定】
■【第一回】5月25日(土)14時〜16時■※終了しました♪
【いつ大人になったのか―こどもと大人の境界―】
発題者:野崎康夫さん(問答連世話人)

■【第二回】6月22日(土)14時〜16時■※終了しました♪
【人間には、人間を超えるものが必要?必要でない?】
発題者:永井良和さん(問答連世話人)

■【第三回】7月27日(土)14時〜16時■※終了しました♪
【人はどうして言葉を話すようになったのだろう?】
発題者:大江矩夫さん(問答連世話人)

■【第四回】8月24日(土)14時〜16時■※終了しました♪
【学校唱歌とわたしたち なつかしさとあやうさと】
発題者:中西光雄さん(ゲスト)

■【最終回】9月28日(土)14時〜16時■※終了しました♪
【《差別ごころ》からの《自由》を】
発題者:中島勝住さん(ゲスト)

2018年のイベント
2018年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2017年のイベント
2017年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2016年のイベント
2016年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2015年のイベント
2015年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2014年のイベント
2014年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2013年のイベント
2013年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2012年のイベント
2012年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2011年のイベント
2011年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2010年のイベント
2010年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。

ページ上部へ