CAFE+ZAKKA+LIBRARY ムーレック

  • ごあいさつ
  • お知らせ
  • イベント
  • カフェ メニュー
  • お買い物
  • 地図
  • リンク集
  • メール
  • ブログ
  • ムーレックお店改装ブログ 地下足袋をはいた猫

Events ( イベント )

2017/12/01-12 【EAT RED,THINK AIDS 2017】

12月1日は世界エイズデーです。「EAT RED,THINK AIDS」は、ムーレックとつながりの深い、タイの子どもたちへの思いを深めたくて始めた企画。大きなことはできなくても、何か心に灯るものがあればいいなぁ…と続けています。
HIV/エイズへの理解と支援を示すレッドリボンにちなみ、この期間限定の『赤』色カフェメニューで皆さまをお迎えします。今年は12月1日(金)〜12月12日(火)までの開催です。
※昨年の様子は⇒こちら

※期間中の売上の一部は、タイのストリートチルドレンを支援しているNGO・アーサーパッタナーデック財団を通じ、子どもたちへのエイズ教育支援プロジェクトに寄付させていただきます。

■開催期間:12月1日(金)〜12日(火)■
※期間中の水・木曜日は定休日です。

※次回は12/09 【毎月第2土曜はムーレック図書室読み聞かせの日♪】

※午前と午後の2部制になりました♪

ブックカフェ…とはひと味違う、ムーレックの図書室。店主たちがず〜っと昔から好きだった本や、新たに一目ぼれした本、外国からのお土産絵本などなど、その数は800冊以上。その全部をご紹介…とはなりませんが、毎月第2土曜の午前11時15分〜と午後1時30分〜、図書室にて絵本の読み聞かせをしています。子ども向けではありますが、大人ももちろん大歓迎♪何度も来て頂いた方も、気になるけれど入ったことはないという方もぜひいらして下さい。

詳しくはブログでも⇒「図書室へようこそ。」

【参加無料】 ★毎月第2土曜 11:15〜11:45/13:30〜14:00 (出入り自由)
※大型絵本や紙芝居もあります♪
お気に入りの本を持ってきていただくのもOK。
参加はどなたでもご自由に。無料です。

【今後の開催予定】
2017年7月8日、8月12日、9月9日、10月14日、11月11日、12月9日

終了しました 【カンボジアを観る・知る・思う、映画とお話】

カンボジアとベトナムで教育支援などの活動をする国際支援NGO・ARBA(アルバ)
メンバーの皆さんはほぼ東京方面の人たちなのですが、ムーレックとは映画の上映写真展の開催などなど、不思議なご縁でつながっていただいております。
そのARBAから今回も、「さすが…」とうなる逸品の映画を紹介していただき、ムーレックでの上映会とあいなりました。ポル・ポト率いるクメール・ルージュによる虐殺の記憶を描いた『消えた画〜クメール・ルージュの真実〜』。収容所から逃れ、映画監督となったリティ・パニュ監督による作品です。
上映後は、ARBAの御園生純さんによる映画解説(…なんて固いことを言うと怒られるかな?)&カンボジアのあれやこれやを語っていただきます。


■日時:11/18(土)13:00〜17:00■
13:00〜 第一部:映画 「消えた画」上映(95分)
※上映中の途中入場はできません。
15:00〜 第二部:ARBA 御園生純さんトーク

■参加費:500円■

■定員:20名■(ご予約優先)

■映画についてはこちら⇒「消えた画」
■ARBAについてはこちら⇒NPO法人ARBA(アルバ)
■御園生さんのブログはこちら⇒「サヨク的旅人日記」

【上映にあたってのお断り】
*ムーレックは、映画上映を目的としたお店ではありません。プロジェクター投影のため、場所によっては見づらいかもしれません。またご近所の生活音等もありますが、細かいことを気にせず楽しんでいただければ幸いです。

*お席は畳に座布団です。周囲の迷惑にならない限りは、寝転がって観ていただいても構いません。万が一、椅子席でないと難しい場合は、事前にご相談ください。

*上映中のご飲食はお控えください。1部と2部の間に、ドリンクと軽食の販売をさせていただきます。

ご予約のお申込み・お問合せは…
075-462-3311(11:00-18:00、水・木は定休)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)

終了しました 【第3期スタート♪ 連続講座・哲学カフェ 『問答連』】

思いがけない(!?)ロングラン企画、「哲学カフェ」の第3弾が始まります♪今回は全6回にパワーアップし、新たに日曜日開催の回も加わりました。5月から10月の月イチ(だいたい最終週)で、多才&多彩なゲスト・スピーカーをお招きしております。前回ご参加いただいた方も、そうでない方も、ぜひお立ち寄りください♪
※参加費として1ドリンクオーダーをお願いしています。

※今後の日程や詳しい内容はこちら→>哲学カフェ・問答連

≪【最終回】10月28日(土)14時〜16時≫
【医療から見る「死」】
ゲスト:住田剛一さん(開業医)
◎「死ぬ」とは何かと問われると、誰しも的確に答を出すことはできません。おそらく人間が生まれてこの方、常に「死」の恐怖と闘ってきたといっても過言ではありません。今回の哲学カフェは、今期の最終回となります。ゲストに現職のお医者さんに来ていただき、医療から見た「死」について皆さんと考えていこうと思っています。究極の答の無い「問い」です。みなさん一人ひとりのお考えを聞きながら、静かに「死」を考えてみたいと思います。


【第3期の開催予定】
■【第一回】5月28日(日)■※終了しました♪
【見える世界 見えない世界】
ゲスト:光島貴之さん(触る美術作家)

■【第二回】6月18日(日)■※終了しました♪
【リベラリズムの行き詰まり】
ゲスト:永井良和さん(「問答連」世話人)

■【第三回】7月30日(日)■※終了しました♪
【今よみがえるブッダのことば】
ゲスト:大江矩夫さん(「問答連」世話人)

■【第四回】8月26日(土)■※終了しました♪
【私の哲学カフェ】
ゲスト:会場の皆さんから自由なテーマを募ります。
※テーマが変更になりました!
【『こども』を考える〜文化的視点から見た『こども』〜】

※詳細はこちらから→>哲学カフェ・問答連


■【第五回】9月23日(祝・土)14時〜16時■※終了しました♪
【お金って何だろう】
ゲスト:野崎康夫さん(「問答連」世話人)

■【第六回】10月28日(土)14時〜16時■※終了しました♪
【医療から見る「死」】
ゲスト:住田剛一さん(開業医)


◆これまでの問答連◆
≪【第一回】 5月28日(日)≫
【見える世界 見えない世界】 ゲスト:光島貴之さん
◎視覚障害のある光島貴之さんは、鍼灸師&手から感じる美術作品を生み出すアーティスト。見える人と見えない人が一緒にアートにふれる活動を続けています。見えない人に見えるもの。見える人に見えないもの。そんな世界を通じて「共に生きる」とは何かを考えます。

≪【第二回】 6月18日(日)≫
【リベラリズムの行き詰まり】 発題者:永井良和さん
◎リベラリズムという言葉は、わかりにくい、あいまいな言葉ですが、そのわりに、新聞などにはよく出てきます。今回は、少していねいに、「リベラリズム」という考え方のポイントと、その考え方には、本当に問題はないのか?ということを考えてみたいと思います。私たちが人間というものをどう理解するのか、倫理や道徳というものをどう考えるのか。色んな方のご意見が聞けたらなあと思っています。

≪【第三回】7月30日(日)≫
【今よみがえるブッダのことば】 発題者:大江矩夫さん
◎ 仏教の開祖ブッダは傑出した聖人であるとともに、現代で言えば偉大な臨床心理学者でした。科学の時代に生きるわれわれには、ブッダのような生き方や考え方をそのまま適用することはできません。しかし、人生に起こる苦や煩悩を克服し、現代社会の諸問題を解決するために、ブッダの教えや智恵から多くを学ぶことができます。その一助となることをめざして『ブッダのことば』を読み解いてみます。

≪【第四回】8月26日(土)≫
【『こども』を考える〜文化的視点から見た『こども』〜】
ゲスト:ジェームス・ケントさん、イザベル・ファスベンダーさん
◎ 「子ども」といっても、それぞれの立場によって見る視点は異なります。「今、子育てのまっ最中。どうしたらいいの」という人。「子どもの顔を見るのもいや」という人。「もう随分昔のことで 覚えてない」という人…etc. けれど、「子ども」を考えることは今の私たちや社会を見直すことでもあります。外国人の眼でみた日本の「子ども」を知ることは、私たちの「常識」を相対化することに役立つのではないでしょうか。かつて「こども」だった皆さんと一緒に考えます。

≪【第五回】9月23日(土・祝)≫
【お金って何だろう】 発題者:野崎康夫さん
◎「お金って何?」と問われると、「ああ、経済の話ね」とたいていの人が考えます。しかし、経済学の分野ではないお金についての考え方も、実はかなり日常的。例えば、「江戸っ子は宵越しの金は持たない」とか「金は天下の回りもの」ということわざもそう。「猫に小判」や「金の切れ目が縁の切れ目」というのもあります。お金の話は思いのほか身近で奥が深いようです。今回は参加者の皆さんにとっての「お金=○○」を考えたいと思います。「お金=必需品」や「お金=欲望のモラトリアム」、はたまた「お金=愛情」???あなたはどう考えますか?。

終了しました 【日日是好茶〜お茶のある生活〜】

みなさん日本茶はお好きですか?
今回は、日本茶を愛してやまない岡村友章さん (にほんちゃギャラリーおかむら・主宰) が、その魅力をぎゅ〜っと煮詰めて語ってくださる贅沢な2時間。日本茶マイスターの資格を持つ岡村さんが、日本各地を訪ね歩いて出会ったプレミアムなお茶を、この機会にぜひ味わってみてください。きっとお気に入りの日本茶が見つかりますよ。
ムーレックではおなじみ、タイ・カレン族のお茶も岡村さんの手で淹れてもらいます♪熱〜いお茶と熱〜い時間を、ぜひご一緒に。岡村さんの厳選茶葉も販売します♪


■日時:10/21(土)14:00〜16:00■

■参加費:1000円■
※お茶の試飲とムーレックの自家製おやつ付

■定員:10名■(ご予約優先)

ご予約のお申込み・お問合せは…
075-462-3311(11:00-18:00、水・木は定休)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)

終了しました 【第3回・韓国詩朗読会 in ムーレック/シアワセナイチニチ 夏】

“コトバには音があり、色がある”とは、詩人・谷川俊太郎さんの言。ついつい意味だけを追い求めがちな「詩」ですが、もっと自由に“感じる”ことも、きっと楽しいはず!
そんなこんなで昨年末に開催した、韓国詩を楽しむ会 in ムーレック/「シアワセナイチニチ」。その名の通り、色んな詩に触れて「しあわせ気分」になった参加者の皆さんからの熱い(ちょっと盛り気味!)ご要望にお応えし、ざっくり季節ごとに開催しようか〜と、あいなりました♪
第3弾となる今回も、講師をつとめてくださるのは韓国出身のソン・ヨンソンさん。四季の巡りを感じながら、たくさんの詩に囲まれて「シアワセ」な一日を過ごしませんか。


■日時:7/22(土)13:00〜15:00■

■参加費:1600円■
※新作お菓子発表会?も兼ねて、お菓子とお茶セット込みで料金のご案内をさせていただいております。

次回予定⇒クリームチーズのひんやりアイスケーキ&紅茶

※定員は設けていませんが、小さなお店ですので予めご連絡いただけるとありがたいです。

ご予約のお申込み・お問合せは…
075-462-3311(11:00-18:00、水・木は定休)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)

終了しました 【ムーレックで考える被災地支援〜エネルギーとアシタのアタシ〜】

※トークゲストに、参議院議員・福山哲郎さん!

東日本大震災、そして福島第一原発の事故から6年。「あの日」は、私たちの何を変え、何を変えなかったのか。
「いま」を生きる一人ひとり<アタシ>のリアルをつなげながら、未来<アシタ>のかたちを考えてみませんか。

今回のトークゲストは、原発事故当時に内閣官房副長官を務められた参議院議員の福山哲郎さん。再生可能エネルギーの展望なども含め、政治家として見つめる「いま」もお聞きしたいと考えています。が!そこはもちろん?ムーレック♪お茶も飲みながらざっくばらんに〜ですので、「え…難しそう」と思わずお気軽にどうぞ。


■日時:4/16(日)14:00〜16:00■

■参加費:500円(ドリンク代)■

※たいへん小さなお店のため、参加ご希望の方は必ずご予約をお願いします。

ご予約のお申込み・お問合せは…
075-462-3311(11:00-18:00、水・木は定休)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)

終了しました 【第2回・韓国詩朗読会 in ムーレック/シアワセナイチニチ 春】

※初夏に第3弾を開催予定♪

“コトバには音があり、色がある”とは、詩人・谷川俊太郎さんの言。ついつい意味だけを追い求めがちな「詩」ですが、もっと自由に“感じる”ことも、きっと楽しいはず!
そんなこんなで昨年末に開催した、韓国詩を楽しむ会 in ムーレック/「シアワセナイチニチ」。その名の通り、色んな詩に触れて「しあわせ気分」になった参加者の皆さんからの熱い(ちょっと盛り気味!)ご要望にお応えし、ざっくり季節ごとに開催しようか〜と、あいなりました♪
前回に引き続き講師をつとめてくださるのは、韓国出身のソン・ヨンソンさん。四季の巡りを感じながら、たくさんの詩に囲まれて「シアワセ」な一日を過ごしませんか。


■日時:3/25(土)13:00〜15:00■

■参加費:1600円■
※今回より、新作お菓子発表会?も兼ねて、お菓子とお茶セット込みで料金のご案内をさせていただいております。

次回予定⇒お豆腐を使ったクランベリー入りの春色マフィン&イングリッシュティー

※定員は設けていませんが、小さなお店ですので予めご連絡いただけるとありがたいです。

ご予約のお申込み・お問合せは…
075-462-3311(11:00-18:00、水・木は定休)
info☆muelek.com(☆を@に換えて送信してください。)

2016年のイベント
2016年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2015年のイベント
2015年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2014年のイベント
2014年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2013年のイベント
2013年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2012年のイベント
2012年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2011年のイベント
2011年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。
2010年のイベント
2010年に開催したイベントです⇒こちらをどうぞ。

ページ上部へ